UCR University of California Riverside Herbarium

最新バージョン 公開されました。 Jul 2, 2018
このリソースは GBIF に登録されていません。

The Herbarium at the University of California, Riverside (UCR) serves as an important source of information for the Southern California regional community as well as for botanists from around the world. UCR specimens and records are used by academic researchers, biological consulting firms, farmers and other individuals involved with plants as a business, research topic, management concern, or just a personal interest. One hundred percent of UCR specimens are databased and 93% are georeferenced (mappable in geographic information systems). Currently UCR is the 4th largest contributor to the Consortium of California Herbaria (c. 171,500 specimens contributed). UCR's oldest specimen was taken September 1859 on the Hayden Expedition, Powder River, Wyoming, but most are much more recent (e.g., >4,800 collected after 2015). The UCR Herbarium documents the abundance and distribution of species, including changes in range over time and the arrival of invasive species, the rediscovery of "extinct" species, and the collapse of native plant populations regionally. The UCR herbarium currently (Jan. 2018) houses over 273,000 vascular plant specimens. Of these, c. 229,500 are from the United States, of which c. 190,200 are from California. Mexico is represented by c. 38,300 specimens. The rest of the specimens are miscellaneous collections from other areas of the Western Hemisphere from Alaska to Tierra del Fuego. UCR is a general collection, but with particularly strong holdings of Juniperus, Triticeae (B. L. Johnson & J. G. Waines collection of Triticum and relatives), and Phaseolus. It is one of the strongest herbaria for the flora of Southern California and is also very strong on the flora of western Mexico. A detailed overview of the collection is available on our summary web page (http://www.herbarium.ucr.edu/Summary.html).

データ レコード

この オカレンス(観察データと標本) リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、267,409 レコードが含まれています。

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

ダウンロード

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 267,409 レコード English で (20 MB) - 更新頻度: unknown
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (6 KB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (6 KB)

バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

To the extent possible under law, the publisher has waived all rights to these data and has dedicated them to the Public Domain (CC0 1.0). Users may copy, modify, distribute and use the work, including for commercial purposes, without restriction.

GBIF登録

このリソースは GBIF に登録されていません。

キーワード

Occurrence; Specimen

連絡先

リソースを作成した人:

Andrew Sanders
University of California Riverside US

リソースに関する質問に答えることができる人:

Andrew Sanders
University of California Riverside US

メタデータを記載した人:

Ed Plummer
University of California Riverside US

他に、リソースに関連付けられていた人:

データ利用者
Joanna McCaffrey
Kevin Love
IT Expert
iDigBio

追加のメタデータ

代替識別子 http://ipt.idigbio.org/resource?r=ucr-plants